外国人観光客の増加で中国企業の対日投資が加熱、ホテル投資の前途明るく―中国メディア

外国人観光客の増加で中国企業の対日投資が加熱、ホテル投資の前途明るく―中国メディア
近年、訪日外国人観光客が大幅に増加しているのを背景に、日本のホテル投資が加熱している。(Record China)
復星集団傘下の株式会社イデラキャピタルマネジメントの山田卓也社長は現在の日本のホテル業界の投資状況などについて説明した。人民網が伝えた。

【その他の写真】

近年、訪日外国人観光客が大幅に増加しているのを背景に、日本のホテル投資が加熱している。2015年末、中国のコングロマリット・復星集団(フォースン・グループ)が、北海道の「星野リゾート・トマム」の株式100%を184億円で買収。これに対して、業界で驚きの声が上がった。日本の大都市のホテルは高稼働率で、宿泊料金が高騰している。また、20年には東京五輪があり、中国人観光客も増加の一途をたどっており、その利益に目を留める中国の投資者は、日本市場に高い期待を抱いている。中国の企業に日本の観光分野の投資環境や業界の動向についてもっと知ってもらおうと、日本貿易振興機構(ジェトロ)は6日、北京で訪日観光・ビジネスフォーラムを開催した。日本に進出している中国企業2社を招き、日本でのホテル投資のノウハウや関連事項について紹介し、意見交換を行った。

■日本のホテル投資の現状:中国資本が海外からの投資の主力

現在の日本のホテル業界の投資状況について、復星集団傘下の株式会社イデラキャピタルマネジメントの山田卓也社長は、「観光客が増加するにつれ、供給が需要に追いつかず、平均客室単価(ADR)が高騰するホテルが大都市では出てきている。これを背景に、日本の不動産会社は、東京や京都、大阪など、人気観光都市でホテルを次々に新設し、規模を拡大させている。現在、日本のホテル投資は、日本国内からの投資が主で、その割合は約94%。一方、海外からの投資が約6%で、その4割が中国からの投資」と紹介した。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2016年12月10日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら