中国、がんによる死者は年270万人に=日本でも行われている「緩和医療」を考える―中国メディア

中国、がんによる死者は年270万人に=日本でも行われている「緩和医療」を考える―中国メディア
15日、人民日報は、緩和医療を紹介する記事の中で、「中国でがんで亡くなる人は年間270万人にのぼる」とした。資料写真。(Record China)
       
2016年12月15日、人民日報は、緩和医療(生命を脅かす疾患を持つ患者や家族の生活の質を改善する)を紹介する記事の中で、「中国でがんで亡くなる人は年間270万人にのぼる」とした。

同紙は、「中国ではこの半世紀、末期がん、認知症、衰弱など、慢性的な疾患が主な死因になっている」と指摘。緩和医療では患者の意志を尊重し、苦痛を伴う治療を行うのではなく痛みや不快感を取り除く方法で行うと紹介した上で、日本や台湾でも導入され、多くの人が緩和医療を通じて死へと向かっていくとした。ただ、中国では病院が積極的でないことや、人々の死への忌諱(きい)が根強いことからなかなか広まっていないという。

記事は、「中国では年間270万のがん患者が死亡し、彼らは70%以上の貯蓄を使っている。緩和医療を提供できれば家庭の負担が大きく減り、医療資源も節約(※中国では医師不足が深刻)できるほか、質のある『尊厳死』を実現できる」と訴えている。(翻訳・編集/北田)
レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月16日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。