日本映画が中国で過去最高の収入!日本映画の著作権獲得ブーム到来か―中国メディア

日本映画が中国で過去最高の収入!日本映画の著作権獲得ブーム到来か―中国メディア
封切りから1カ月近くたった日本のアニメーション映画「君の名は。」は、各映画館で逐次上映終了となっている。残るスクリーン数がわずか1%となっているが、25日朝の時点で、同作品は5億5700万元(約94億円)の興行収入を記録した。(Record China)
封切りから1カ月近くたった日本のアニメーション映画「君の名は。」は、各映画館で逐次上映終了となっている。残るスクリーン数がわずか1%となっているが、25日朝の時点で、同作品は5億5700万元(約94億円)の興行収入を記録した。(文:許思鑑。法制晩報掲載)

この成績により、「君の名は。」は「STAND BY ME ドラえもん」を上回り、中国映画市場における日本映画の最高興行収入記録を樹立、英語以外の輸入作品の最高記録にも輝いた。

このような興行成績に背中を押され、日本映画の著作権獲得が、映画業界の新たな注目点となるとみられる。中国映画市場では、今後数年間、日本映画が「韓流」に取って代わり、新たなブームを巻き起こす可能性が高い。

○記録更新:「君の名は。」が日本映画の興行収入歴代トップに
「君の名は。」は、2016年に中国で上映された全作品のうち、興行収入歴代第25位、輸入映画では第11位の成績を残した。下半期に上映された映画の中では、中国の歴代興行収入第8位だった。

「君の名は。」の大ヒットにより、中国映画市場における日本映画総収入の最高記録を更新、8億元の大台を突破した。この成績は、韓国・フランス・インド・ロシア各国の総収入を上回り、米国に続き、2016年中国映画市場における外国作品総収入ランキング第2位に立った。

だが、面白いことに、今年中国で上映された日本映画のうち、実写映画は「ビリギャル」と「寄生獣」の2作のみで、それ以外は全てアニメ映画だった。また、「君の名は。」実写映画化の版権は、すでに中国の有名映画配給会社が獲得したという。スタッフ陣や制作日程は現時点で確定していないが、「君の名は。」実写版が中国市場に登場することは間違いない。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。