安倍首相の真珠湾演説、韓国メディアは「戦争に対する謝罪がない」と批判=韓国ネット「日本の良心はどこへ?」「次は韓国を訪問し、謝罪してほしい」

安倍首相の真珠湾演説、韓国メディアは「戦争に対する謝罪がない」と批判=韓国ネット「日本の良心はどこへ?」「次は韓国を訪問し、謝罪してほしい」
28日、安倍晋三首相が米ハワイ・真珠湾を訪問し、犠牲者を慰霊したことについて、韓国の複数のメディアは「戦争に対する謝罪や反省がなかった」と指摘した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は真珠湾。(Record China)
2016年12月28日、安倍晋三首相が、75年前に旧日本軍が奇襲攻撃した米ハワイ・真珠湾を訪問し、犠牲者を慰霊したことについて、聯合ニュースなど韓国の複数のメディアは「戦争に対する謝罪や反省がなかった」と指摘した。

安倍首相は27日(現地時間)、オバマ米大統領とともに真珠湾の追悼施設「アリゾナ記念館」で献花し、黙とうをささげた。「アリゾナ記念館」は1941年12月7日に旧日本軍による空襲で沈没した米軍艦艇「アリゾナ号」の上に建てられた追悼施設。

安倍首相は献花の後の演説で、「祖国を守る崇高な任務のため、戦艦アリゾナに乗っていた兵士らがある日、炎の中で死んだ。1人1人に両親がいて、妻や恋人、子どもたちがいただろうが、すべての思いが断たれてしまった」と述べた。その上で、「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない」とし、「日本は戦後、自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、不戦の誓いを貫いてきた」と強調した。また、安倍首相は「激しい戦争を戦った日本と米国は深く、強く結ばれた同盟国になった」とし、「これは明日を拓く希望の同盟であり、私たちを結びつけたものは、寛容の心がもたらした和解の力だ」と述べた。続けて、「世界の人々に真珠湾が和解の象徴として記憶されることを願っている」とし、「今こそ世界は寛容の力、和解の力を必要としている」と訴えた。

安倍首相の演説について、複数の韓国メディアは「戦争に対する謝罪や反省に関する言及はなかった」と指摘し、「韓国内からは批判の声が上がるだろう」などと報じている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月28日の中国記事

キーワード一覧

  1. 韓国メディア 日本
  2. 韓国メディア 日本代表

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。