四川大地震後に消息不明、野菜を売りながら両親を探し続ける9歳の少女―中国

四川大地震後に消息不明、野菜を売りながら両親を探し続ける9歳の少女―中国
広東省東莞市で9才の女の子が健気にも野菜を売りながら両親の消息を探している。(Record China)
2017年2月27日、中国メディア・捜狐によると、広東省東莞市で9歳の女の子、毛毛ちゃんが健気にも野菜を売りながら両親の消息を探している。

【その他の写真】

毛毛ちゃんは一つ1元(約17円)のパパイヤや一束で1元のサツマイモの葉を並べて売る。野菜を売るかたわら、椅子を机がわりに勉強も欠かさない。毛毛ちゃんが売る野菜のそばにはひときわ目立つ赤い看板が掲げられている。

看板には「大好きなお父さん、お母さん、元気ですか?2008年病気だった私は、夜中におばあちゃん家の前に置き去りにされたけど、今は元気になったから迎えに来て下さい。会いたい」と当時の情況や幼い少女の切実な思いが書かれている。記憶にある手がかりになりそうなキーワードを少ないなりに全部書きこんだ。

毛毛ちゃんの両親は、周りから「牛さん」「絹さん」と呼ばれていたが、毛毛ちゃんは両親の名前を知らない。それもそのはずで、毛毛ちゃんが両親と生き別れたのは生まれて間もない頃だからだ。

2008年5月4日の深夜、帰省していた両親は病弱だった毛毛ちゃんを黄おばあちゃん(黄孟益さん)家の門に置き去りにした。そうしなければならなかった苦しい事情があったのかもしれない。大地震が発生する2日前までは毛毛ちゃんの様子を聞く両親からの電話があった。そして運命の5月12日、大地震が発生した。毛毛ちゃんの両親とはその後、音信不通となり、黄おばあちゃんの携帯も盗まれ、連絡をとる手段を失った。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年2月28日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。