南大西洋で失踪した韓国船、またしても韓国政府らの対応が問題に=韓国ネット「安全不感症の韓国」「3年前と変わってない」

南大西洋で失踪した韓国船、またしても韓国政府らの対応が問題に=韓国ネット「安全不感症の韓国」「3年前と変わってない」
2日、ウルグアイ近くの南大西洋海域で浸水し連絡が途絶えた韓国の貨物船「ステラデイジー号」の事故で、船社の韓国政府への報告の遅れや、韓国政府の不十分な対策が波紋を呼んでいる。資料写真。(Record China)
2017年4月2日、ウルグアイ近くの南大西洋海域で浸水し連絡が途絶えた韓国の貨物船「ステラデイジー号」の事故で、船社の韓国政府への報告の遅れや、韓国政府の不十分な対策が波紋を呼んでいる。韓国・釜山日報社などが伝えた。

3月31日の午後11時20分、鉄鉱石26万トンと船員24人を乗せて南大西洋の西南海域を航海していたステラデイジー号は、所有船社・ポラリスシッピングに向け無料通信アプリで「船が傾いている」という内容のメッセージを送ったという。その5分後、船社は非常用位置指示無線標識(EPIRB)も受信したとのこと。EPIRBは航海中のすべての船舶に受信され、翌4月1日午後11時22分に、救命ボートに乗ったフィリピン国籍の船員2人が救助された。

船社側は事故発生から12時間後の1日午前11時になって韓国外交部に報告。外交部はウルグアイとブラジルに飛行機での捜索を要請したが、領空問題などにより承認許可が遅れ、韓国時間の2日午後4時30分になってようやく現地での捜索活動が始まったという。これに対し、行方不明者家族らは「船社の中途半端な取り組みにより『捜索のゴールデンタイム』を逃がした」と怒りをあらわにしている。

船社側は2日午後1時、行方不明者の家族を対象に開いた状況報告会で、EPIRBを受信した3月31日午後11時25分に韓国海洋警察が最初に事故を認知したと発表した。しかし釜山日報社によると、海洋警察は朝鮮半島から離れた南大西洋から送られた遭難信号は基本的に受信できないと答えたという。これに対し海洋警察は、1日午前11時6分にマーシャル諸島と船社から事故の知らせを受け、外国捜索救助機関に協力を要請したと明らかにした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 韓国政府 アイドル
  2. 韓国政府 日本
レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年4月3日の中国記事

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュース

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら