FIFA評議会委員に当選した大韓サッカー協会長が初コメント「国旗の応援は当然だが旭日旗は違う」=韓国ネットも同意

FIFA評議会委員に当選した大韓サッカー協会長が初コメント「国旗の応援は当然だが旭日旗は違う」=韓国ネットも同意
14日、韓国メディアによると、鄭夢準大韓サッカー協会長は同日、韓国京畿道の高陽総合運動場で行われたU20代表チームの強化試合を前に、報道陣との当選インタビューを通じて「日本の旭日旗問題」に関する意見を明らかにした。写真は旭日旗。(Record China)
2017年5月14日、韓国・スポーツ朝鮮によると、鄭夢準(チョン・モンジュン)大韓サッカー協会長は同日、韓国京畿道の高陽総合運動場で行われたU20代表チームの強化試合を前に、報道陣との当選インタビューを通じて「日本の旭日旗問題」に関する意見を明らかにした。

鄭会長は8日、バーレーンで開かれたアジアサッカー連盟(AFC)総会で国際サッカー連盟(FIFA)評議会の委員に当選した。鄭会長は無投票で当選し、任期は19年までの2年間となる。大韓民国サッカーの首長かつFIFA評議会の委員として、鄭会長は韓国のサッカーファンの間で最近物議を醸している日韓戦での「旭日旗応援」問題について初めてコメントした。鄭会長は「全ての国が国旗を使用できるが、戦犯旗(旭日旗)は違う」との立場を明らかにし、「韓国をはじめアジアの国々が第2次世界大戦のつらさを経験した。AFCとFIFAも私の考えに異議はないと思う」と強調した。

「旭日旗応援」問題は4月25日、韓国・京畿道の水原で開かれたACLの水原対川崎の試合で発生。川崎のサポーターが試合前に旭日旗を掲げ、警備員によって没収された。旭日旗は韓国で「軍国主義の象徴」としてタブー視されている。

これを受け、AFCは今月4日、「挑発的・差別的行為の禁止」規定を根拠に、川崎に対し罰金1万5000ドル(約170万円)を課した。さらに、今後1年以内に同じ事案が発生した場合、ホームで開かれるAFC主管の国際試合1試合を「無観客試合」とする執行猶予処分を決定した。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月15日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。