<直言!日本と世界の未来>ユニバーサルデザインによる人間視点の社会づくり=誰もが利用できる製品・環境目指す―立石信雄オムロン元会長

<直言!日本と世界の未来>ユニバーサルデザインによる人間視点の社会づくり=誰もが利用できる製品・環境目指す―立石信雄オムロン元会長
近年、ユニバーサルデザインへの関心が高まってきている。「できるだけ多くの人が利用可能であるように製品、建物、空間をデザインすること」と定義されているが、体格や能力、年齢、性別の違い、障害の有無にかかわらず、誰もが利用できる製品や環境の創造を目指している。(Record China)
近年、ユニバーサルデザイン(UD)への関心が高まってきている。UDは、提唱者である米ノースカロライナ州立大学の故ロナルドーメイス氏によって「できるだけ多くの人が利用可能であるように製品、建物、空間をデザインすること」と定義されているが、体格や能力、年齢、性別の違い、障害の有無にかかわらず、誰もが利用できる製品や環境の創造を目指している。身体障害者や高齢者にとっての障壁。(バリアー)を取り除くといった、いわゆるバリアフリーの発想とは異なった概念だ。

UDは企業にとっても顧客満足につながる考え方として、事業や商品への取り組みが増えてきており、経済産業省によるとその市場規模は25年には少なくとも16兆円規模と見込まれている。

企業のほか多くの地方自治体においても、UDの取り組みが進められている。例えば、熊本県。私は熊本ユニバーサルデザインシンポジウムに講師としてお招きいただいたことがあるが、「すべての人のためのまちづくり」をテーマに、インターネットでUDのアイデアを募集したり、小学校の授業にUDを取り入れたり、文字通り県を挙げての取り組みが印象的であった。

さらに、大学においても千葉大学をはじめUDを授業や研究テーマに取り入れるところが増えてきている。2004年に開学した静岡文化芸術大学は、開学の精神にUDを掲げた国内初の大学で、静岡県、浜松市、地元産業界が協力して運営に当たっており、デザイン学部の共通科目としてUDの授業が組み込まれているとのことだ。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年5月28日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。