ソウルの有名店が客を人種で差別?インド人の入店拒否で騒動=「国際的な恥」「韓国の差別はかなり深刻」―韓国ネット

ソウルの有名店が客を人種で差別?インド人の入店拒否で騒動=「国際的な恥」「韓国の差別はかなり深刻」―韓国ネット
7日、ソウル・梨泰院にある有名レストランが、インド人の入店を拒否したとして物議を醸している。韓国・東亜日報が伝えた。写真はソウル・梨泰院。(Record China)
2017年6月7日、ソウル・梨泰院(イテウォン)にある有名レストランが、インド人の入店を拒否したとして物議を醸している。韓国・東亜日報が伝えた。

梨泰院は古くから外国人が多く暮らす国際色豊かな街で、近年ではしゃれた雰囲気のレストランやカフェも増え、国内外から人々が訪れている。そんな梨泰院で3日午前1時ごろ、外国人の友人4人とある有名店を訪れたインド人男性(25)が店に入ろうとしたところ、入り口にいた男性店員から身分証の提示を求められたという。指示通りに提示するも「入場不可」と言われてしまった客の男性、その理由を尋ねると「ノー・インディアン。インド、パキスタン、カザフスタン、サウジアラビア、モンゴル、エジプト人は入場できない。それがこの店のルール」と繰り返されたそうだ。

予期せぬ事態に、男性が先に入店した友人らを呼ぼうとすると、店員は再度「ノー・インディアン」と叫び両手を広げて制止したという。一連の状況は男性の友人によって撮影されており、5日に動画投稿サイトやSNSを通じて拡散、1日に5万人以上が視聴するほど話題になった。

男性はインドで韓国語を専攻するほど韓国に対する愛情が深く、2年前に学業のために韓国を訪れた。現在はソウルにある私立大学の国際貿易学修士課程で学んでいるそうで、今回の事態を受けて「(韓国は)第2の故郷のような所なので余計に心が痛む」と話し、動画を公開した理由については「人種差別が少しでも変わってほしいという願いからだ」と明らかにしている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年6月9日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。