ベトナムのしたたかな対日・対米外交に中国メディア警戒感、「日本は鉄のパートナー」とも

ベトナムのしたたかな対日・対米外交に中国メディア警戒感、「日本は鉄のパートナー」とも
中国メディアが南シナ海問題で中国と対立するベトナムの対日・対米外交に注目している。特に「日本は鉄のパートナー」と指摘。中国をけん制するしたたかなベトナム外交に警戒感を深めている。写真はベトナム。(Record China)
2017年6月16日、南シナ海問題で中国と対立するベトナムの対日・対米外交に中国メディアが注目している。特に日本はベトナムにとって「鉄の戦略パートナー」と指摘。米国とともに「防衛関係も近年、力強く発展している」として、中国をけん制するしたたかなベトナム外交に警戒感を深めている。

ベトナムのフック首相は5月末から6月初めにかけて日米両国を相次いで訪問したが、中国網は一連の外交日程に触れた記事「ベトナム、対米・対日外交で巧妙に計算」を掲載。「ベトナムの大国との外交におけるベトナム・米国、ベトナム・日本の関係には共通点が多い。いずれも経済優先で、これに政治・人文関係が続く。防衛関係も近年、力強く発展している」とした。

フック首相の就任後初の訪米については「一言でまとめるならば『爆買い』だ。米国の経営者との会談に時間をかけ、代表団を率い米国のハイテク製品を購入した」と前置き。「トランプ大統領の就任前後、ベトナムメディアは『米国がアジア太平洋を見捨てるか』を大きく取り沙汰し、米国が孤立主義に回帰することを懸念した。ベトナムにとって、米国の『アジア太平洋回帰』戦略は大きな戦略的利益をもたらす」と論評した。

しかし、「トランプ大統領の就任後の発言と外交活動により、ベトナムは焦りを覚えている。いわゆる『トランプの霧』の中で、米国の政策方針を把握する必要がある」と分析。「今回の訪米には、米国の外交政策の動向に探りを入れる狙いと、『爆買い』により米国から重視されるという狙いがあった」とみている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「行政」のニュース

次に読みたい関連記事「行政」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月18日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。