<コラム>吉田茂が駐在した、天津日本人租界地跡を訪ねて

<コラム>吉田茂が駐在した、天津日本人租界地跡を訪ねて
中国国内において西洋列強(日本も含む)が設定した利権のなかに租界地がある。租界とは主権は中国に属しながら、中国側に行政権がない(治外法権)極めて限定された地域を長期的に外国人に貸与された地域のことである。写真は筆者提供。(Record China)
中国国内において西洋列強(日本も含む)が設定した利権のなかに租界地がある。租界とは主権は中国に属しながら、中国側に行政権がない(治外法権)極めて限定された地域を長期的に外国人に貸与された地域のことである。アヘン戦争後の南京条約1842年により西洋列強に、広州・アモイ(廈門)・福州・寧波・上海5港を開港させ、最初にイギリス、次にフランス、次にアメリカが上海に租界地を置いた。その後天津条約1858年で、漢口・九江・南京など10港を開港、北京条約1860年に天津を開港させた。西洋列強は戦勝国の立場で特権を中国に強いる傾向が強く、あわせて中国内の内乱をもうまく利用し、租界地の拡大を図った。

【その他の写真】

日本は日清戦争に勝利し、1895年下関条約によって重慶・蘇州・杭州・沙市の開港と専管租界開設の準備を開始、さらに1896年「日清通商航海条約」で上海・天津・漢口・蘇州・杭州・アモイでの租界開設を認めさせた。しかし、候補地の交渉では清国政府の外交戦術がうまく、条件の悪い墓場とか荒野を割り当てられるケースが多く、当時経済力の乏しい日本は市中心から離れ交通の不便な地域での発展が見込めず、途中断念するケースが多々であった。

沙市の場合は中国住民による抗日暴動事件や日本国領事館焼き討ちなどあり、福州・アモイも同じく租界設置には至らなかった。9つの租界地の中で、一定の発展を見たのは上海(共同租界)・天津・漢口ぐらいで、重慶・杭州・蘇州は最大でも100名程度、福州・アモイ・沙市は設立もなかった。当時の租界の歴史を大きくまとめると、1896~1905年の開設期、1937年までの成長期、そして敗戦までの1945年の終焉期と3段階に分けられる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年6月28日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。