中国の美容医療業界の成長は世界最速、高収入になるにつれ「美の追求」も強く―中国

中国の美容医療業界の成長は世界最速、高収入になるにつれ「美の追求」も強く―中国
中国でこのほど、「2017年美容医療業界に関する白書」が発表された。資料写真。(Record China)
▽中国の美容医療業界は世界一の成長

近日、中国の新●(●=気構えに羊)美容医療アプリは「2017年美容医療業界に関する白書」を発表した。2015年以来、中国の美容医療業界は40%の成長を誇っており、世界平均の7%を大幅に上回った。だが、美容医療業界の発展による経済成長の利点に目を向けるのと同時に、業界の暴利と暗黒面を糾弾しなければならない。

▽年齢層の違い:中国は25歳以下、米国は36歳以上

白書は2017年の美容医療利用者のうち、100人に53人が25歳以下の若者、つまり、90年代以後生まれ(90後)の若者だと推定している。25歳前後の若者が利用者の中心となり、美容医療業界を成長させる原動力になっている。これに対し、米国では36歳以上の利用者が全体の74%以上を占めるという。

なぜ中国の年齢層は若いのか。それは90後の性格や就職観と関わるかもしれない。2015年以降、美容医療が芸能人やネットアイドルの間で流行するようになった。90後にとって、整形は今では当たり前のことになったのだ。

▽収入が高ければ高いほど、美に対する意欲がさらに強くなる

白書のデータによると、収入が高ければ高いほど、美しくなりたいという意欲がさらに強くなる。月収3万元(約49万円)以上の女性の中で、整形をしてみたいと答えたのは80%。整形手術を行う勇気がある人は10%であり、整形に年に20万元ほど使う人は5%を占めているという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年8月12日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。