<卓球>伊藤美誠が「中国選手が始めた」と語る暗黙のルール、中国ネットユーザーの間で賛否分かれる

<卓球>伊藤美誠が「中国選手が始めた」と語る暗黙のルール、中国ネットユーザーの間で賛否分かれる
17日、卓球の伊藤美誠がテレビ番組で紹介した卓球の“暗黙のルール”について、中国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。(Record China)
2017年8月17日、卓球の伊藤美誠がテレビ番組で紹介した卓球の“暗黙のルール”について、中国のネットユーザーがコメントを寄せている。

伊藤は水谷隼、早田ひならとともに出演した日本のバラエティー番組で、「11ポイント先取のゲームでスコアが10-0になった場合、リードしている選手はわざとミスするなどして相手に1ポイント与え完封勝ちを避ける」という卓球界の決まり事を紹介し、スタジオを沸かせた。

この“暗黙のルール”、過去に福原愛が破ってしまったことがある。2014年仁川アジア大会の女子団体でモンゴルと対戦した際、福原は11-0でゲームを奪ってしまった。その後、中国中央テレビ(CCTV)のインタビューで「10-0になったときサーブを(わざと)ミスしようと思ったのですが、すごくいいサーブがいってしまって」と説明。通りかかった中国チームの孔令輝(コン・リーフイ)監督から「(日本とモンゴルの)外交問題になるかもよ」とからかわれると、福原は顔を赤らめながら「本当にわざとじゃないんです!」と答えた。

苦い経験があったからか、2016年のリオデジャネイロ五輪女子団体ダブルスで福原・伊藤ペアがポーランドのペアと対戦し10-0のスコアになった際には、福原は伊藤に相手に1ポイント与えるようアドバイスしている。これについて、福原は試合後「孔令輝監督にからかわれたくないから」と語ったそうだ。

伊藤はこの“暗黙のルール”について、出演した番組で「中国選手が最初に始めて、それからほかの国の選手もそうするようになった」と説明している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年8月17日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら