中国朝鮮族を犯罪集団扱い?韓国映画の描写めぐり制作陣に謝罪要求=韓国ネットに同胞擁護の声は見当たらず

中国朝鮮族を犯罪集団扱い?韓国映画の描写めぐり制作陣に謝罪要求=韓国ネットに同胞擁護の声は見当たらず
28日、韓国で上映されているアクションコメディー映画「青年警察」で中国朝鮮族が犯罪集団のように歪曲(わいきょく)して描かれているとして、韓国内の中国朝鮮族団体が同作の上映中断と制作陣の謝罪を要求した。写真は韓国にある中華街。(Record China)
2017年8月28日、韓国で上映されているアクションコメディー映画「青年警察」で中国朝鮮族が犯罪集団のように歪曲(わいきょく)して描かれているとして、韓国内の中国朝鮮族団体が同作の上映中断と制作陣の謝罪を要求した。韓国・マネートゥデイなどが伝えた。

映画「青年警察」の舞台は、中国朝鮮族が多く暮らすソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区大林(デリム)洞。中国料理の食堂や中国食材を売る市場があるソウルの代表的なチャイナタウンとして知られるが、劇中では警察の手も及びにくい犯罪の温床のように描かれ、朝鮮族の犯罪組織が家出少女を拉致して卵子を強制的に摘出・売買するシーンも登場するという。

これを受け、韓国内の中国朝鮮族団体30余りで構成された「中国同胞・多文化・地域社会と共にする韓国映画立て直し汎国民共同対策委員会(共対委)」は23日に緊急会議を開き、「中国同胞の認識改善署名運動」を繰り広げると明らかにした。

共対委は、署名運動の趣旨文で「映画『青年警察』が中国同胞である朝鮮族を過度にけなすのみならず、中国同胞が多く居住する大林洞地域を犯罪の巣窟として描写しており、これまで大林洞を明るく元気で安全な地域であることを示そうと努力してきた苦労を一度に壊してしまった」と批判した。さらに、「大林洞は中国同胞がつくった代表商圏であり、映画で描かれているような朝鮮族犯罪組織が大手を振る犯罪の巣窟のような陰気な路地や住宅街もない。文化

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月30日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。