中国の婚活実態調査、男女ともに好かれるのはどんな人?―中国紙

中国の婚活実態調査、男女ともに好かれるのはどんな人?―中国紙
膨大な数に上るホワイトカラー層は、残業に追われ、生活圏が狭いことから、だんだんと独身者のたまり場と化している。資料写真。(Record China)
膨大な数に上るホワイトカラー層は、残業に追われ、生活圏が狭いことから、だんだんと独身者のたまり場と化している。七夕(旧暦7月7日。今年は8月28日)の到来に伴い、婚活サイト「珍愛網」は、ビジネスSNSプラットフォーム「LinkedIn(リンクトイン)」と共同で、職場のホワイトカラーを対象としたオンライン・サンプリング調査を実施した。調査の結果、彼らの7割以上が毎日残業をしていることが分かった。北京や上海の独身男女が結婚相手を見つける方法は、「職場での出会い」と「婚活サイトの利用」が最も多かった。また、最も結婚相手として人気が高かったのは、「公共機関で働く若い女性」と「外資系企業で働く若い男性」だった。地域別に見ると、東北地区では、国有企業に勤める人の人気が高い傾向があった。相手の「顔」を最も重視するのはIT業界で働く男性で、相手の収入を最も重視するのは外資系企業の独身男性だった。女性は、配偶者を選ぶ際に、「相手の男性の最低収入」という条件を設けており、「年収10万元(1元は約16.4円)以上」とした女性は7割を占めた。北京晨報が伝えた。

〇独身男性の7割超「毎日残業している」

働いている独身者のうち、「もともと残業はしない」と答えたのはわずか3割で、7割が「毎日残業している」と答えた。残業時間については、独身女性より独身男性の方がやや長かった。残業する独身者のうち、男性で「毎日平均2時間以上残業している」のは約3割と、女性より1割多かった。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年8月30日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。