ペットブームの中国、飼い主は出費惜しまず、鍼灸治療まで―英紙

ペットブームの中国、飼い主は出費惜しまず、鍼灸治療まで―英紙
中国では最近、ペットへの鍼灸治療を施す飼い主が増えている。資料写真。(Record China)
2017年8月29日、英紙デイリー・メールによると、中国では最近、ペットへの鍼灸治療を施す飼い主が増えている。環球時報(電子版)が伝えた。

中国の伝統医学によると、病は体内の「陰陽」のバランスが崩れることによって起きると信じられている。今ではペットの病気を治すため鍼灸治療を試す飼い主が多い。特に犬や猫の脊髄損傷を治すために用いるケースが増えている。

上海では、半身不随になったペットに針治療を施す専門の医師もいる。針をペットの体に刺し、電流を通して治療する。一部の犬種は背骨に衝撃を受けた場合、歩けなくなったり半身不随になることが多いという。

上海の中国医学神経内科・鍼灸動物保健センターがここ4年で受け入れた犬猫は2000匹を数える。医師の1人は「持ち込まれるペットの7割は椎間板に問題があり、後ろ足やすべての足がまひしている。しかし、西洋医学ではなすすべがない」と話す。飼い主の1人は「飼っている動物は背中に衝撃を受けたが、針治療を数回したところゆっくり歩けるようになった」と話している。(翻訳・編集/大宮)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年8月31日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。