卒業の条件は「マラソン10回分完走」「野菜栽培」「ダイエット」、多様化する大学の試験―中国

卒業の条件は「マラソン10回分完走」「野菜栽培」「ダイエット」、多様化する大学の試験―中国
このような一部の大学で導入されている、新しい試験方法がネット上で話題になっている。(Record China)
「大学在学4年間にマラソンを10回完走する、あるいは野菜を育てて収穫することが、期末の学業成績に関係する」、「ダイエット科目で2項目の指数を下げ、その割合に応じて点数が加算される」。一部の大学で導入されている、このような新しい試験方法がネット上で話題になっている。これらの驚くべき新しい方法は、一体どのような経緯で決まったのだろうか?学生の反応は?これらの新カリキュラムをいかに評価すべきだろうか?新華社が伝えた。

〇「野菜栽培」「ダイエット」―――履修単位獲得は容易ではない

大学を卒業するのに、「マラソン10回完走」は必要なのだろうか?合肥学院がこのようなカリキュラムを採用したことに、注目が集まっている。今年8月に実施が始まった「合肥学院学生体育成績審査評定方法」によると、在校生は、フルマラソンを累計10回(総距離約420キロメートル)完走しなければならない。つまり、在校中に平均2-3000メートルの距離を一週間に2度走らなければならない計算となる。

どうやって正確に距離を計測するのだろうか?どうやって代走を防止するのだろうか?これらについて、合肥学院公共体育教学部の許大慶主任は、「学生は、アプリ『歩道路■』(■は足へんに包)をダウンロードし、『楽■』をタップすると、画面のマップ上に2カ所の『タイムカードポイント』が表示される。学生はペース条件に基づき、走行中にこの2カ所を通過すればよい。これにより、1人の学生が複数の携帯を持って他人の代走を行う違反行為を防ぐことができる」と説明した。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年11月19日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。