韓国が緊張!日本企業が有機ELディスプレーで猛追撃=「韓国メーカーへの打撃は明らか」「韓国企業も研究はしていたけど…」―韓国ネット

韓国が緊張!日本企業が有機ELディスプレーで猛追撃=「韓国メーカーへの打撃は明らか」「韓国企業も研究はしていたけど…」―韓国ネット
8日、ジャパンディスプレイ(JDI)グループのJOLEDが大型の有機発光ダイオード(OLED)パネルの生産に成功して製品出荷を本格的に開始したことについて、韓国・朝鮮ビズが報じた。資料写真。(Record China)
2017年12月8日、ジャパンディスプレイ(JDI)グループのJOLEDが大型の有機発光ダイオード(OLED)パネルの生産に成功して製品出荷を本格的に開始したことについて、韓国・朝鮮ビズが報じた。

JOLEDはこのほど、低コストの生産方式を用いたOLEDパネルの出荷を開始した。同社は今回、インクジェットプリントと類似した生産技術を用い有機発光材料をガラス基板に印刷する方式を採用。真空蒸着室の金属マスクが不要となり、従来用いられていた蒸着工程より20~30%のコストダウンが可能だという。

これを報じた日本のメディアは、日本国内での資金調達が難しい場合、JOLEDが中国や台湾などの海外企業にも投資を求める可能性が大きいと展望。モバイル機器やテレビなど主要なOLEDディスプレーパネルの適用分野で先行する韓国ディスプレーメーカーに対抗し、OLED連合が形成される可能性を伝えている。

一方、市場調査会社各社は、テレビ用大型OLEDパネルの分野では韓国のLGディスプレイが、モバイル用OLEDパネルは韓国・サムスンディスプレイがすでに市場を掌握しているため、JOLEDが大型OLEDパネルの量産を開始しても、両韓国メーカーと直接競合せずニッチ市場を狙う戦略を選ぶと見通している。

これについて韓国の業界関係者は、「JOLEDの低コストでの量産を機に、別の日本企業と台湾企業も市場に参入する可能性が大きくなった」とし、「OLEDの分野でも生産性・競争が激化すれば、韓国のディスプレーメーカーの収益性に否定的な要素として作用するだろう」と述べた。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年12月12日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。