<コラム>中国・習近平主席が「泣いて馬謖を斬る」可能性―北京市トップ、腹心の蔡奇書記の処遇に注目

<コラム>中国・習近平主席が「泣いて馬謖を斬る」可能性―北京市トップ、腹心の蔡奇書記の処遇に注目
12月になってから、中国の習近平国家主席が、腹心である中国共産党北京市委員会の蔡奇書記を降格させる可能性があるとの記事が出てきた。写真は習近平国家主席の中国の関連報道。(Record China)
12月になってから、中国の習近平国家主席が、腹心である中国共産党北京市委員会の蔡奇書記を降格させる可能性があるとの記事が出てきた。蔡書記に対しては、市内で低所得層が集まる住宅を強制撤去するなどで抗議デモも発生した。仮に蔡書記を降格させれば習近平政権にとって大きな打撃、しなければ習主席自身に不満の矛先が向けられる可能性がある。

▼大規模な強制立ち退きで北京市が不穏な情況に

北京市当局が低所得層の住宅の撤去に着手したきっけは、11月18日に同市大興区の集合住宅で火災が発生し、19人が死亡したことだった。北京市政府は同月20日からの40日間を、安全リスク排除のための行動期間にすると発表。重点とされたのは、市街地と郊外の境界地域にある集合住宅で、遅くとも23日には安全基準を満たしていないことを理由とする強制立ち退きが始まったという。

現場担当者が「即座立ち退き」を要求し、抵抗する住人には係員が暴力を振るったことなどで「ナチスがユダヤ人に対して行った処遇と同じ」「中国における反中国人活動」などの批判が出た。11月末までには数十万人が家を追われたとの見方がある。世界人権デーの12月10日には、北京市朝陽区内で強制立ち退きに対する抗議活動が行われた。参加者は約1000人と見られている。

中国で大規模な抗議活動が発生すれば、地元政府にとっては大きな失点になる。まして強引かつ大規模な強制立ち退きが直接の原因であれば、北京市トップの蔡書記の責任が問われたとしても、おかしくない情況だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年12月18日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。