「空海-KU-KAI-」出演の染谷将太、中国語漬けのあまり日本語のセリフにパニック―中国メデイア

「空海-KU-KAI-」出演の染谷将太、中国語漬けのあまり日本語のセリフにパニック―中国メデイア
中国で絶賛上映中の映画「空海―KU-KAI―美しき王妃の謎」の影響で、同作品で空海役を演じる俳優・染谷将太が話題を集めている。(Record China)
中国で絶賛上映中の映画「空海―KU-KAI―美しき王妃の謎(中国語名:妖猫伝)」の影響で、同作品で空海役を演じる俳優・染谷将太が話題を集めている。「空海」役のオファーを受けた時の衝撃について染谷は、「自分は空海という高僧とはとても比べものにならないため、正直非常に驚いた」と振り返る。そして1000年前の僧のように、染谷は撮影のため単身訪中し、5カ月間滞在し、中国語漬けの日々を過ごしたのだという。その影響で、「日本語を話すシーンがいくつかあったが、内心パニックに襲われた」と笑いを交えて話している。信息時報が伝えた。

【その他の写真】

■原作小説は読まずに脚本で「空海」のイメージ作り

「空海―KU-KAI―」の中で染谷は、まるで真相は常に彼の心の中にあるといったような謎めいた微笑みを常に浮かべている。チェン・カイコー(陳凱歌)監督は、「空海の微笑みは日本でもとても有名で、染谷はその特徴を完璧に表現してくれた」と絶賛している。

染谷将太は7歳の時に子役として活動を始め、9歳の時には映画初出演を果たした。そして、第68回ベネチア国際映画祭で、日本人としては初めての受賞となる、最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した。香港の演技派俳優トニー・レオン(梁朝偉)も公の場で「大好きな日本人俳優」と絶賛している。そんな染谷が空海を演じるというのは、当然のことと言えるかもしれない。しかし、染谷はインタビューで空海役のオファーを受けた時のことについて、「あの時は本当にびっくりした。『空海』を演じるなんて考えたこともなかった。空海は教科書にも出てくるとても偉大な人物だから」とその衝撃の大きさを明かしている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2017年12月29日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。