2017年に中国で最も注目を集めた日本企業は?―中国メディア

2017年に中国で最も注目を集めた日本企業は?―中国メディア
中国では、日本ブランド神話、日本企業神話の時代はもう終わったものの、高品質の商品や貴重な経験を持つ日本企業に対しては、中国メディアやネットユーザーも称賛の声を惜しまない。(Record China)
中国では、日本ブランド神話、日本企業神話の時代はもう終わったものの、高品質の商品や貴重な経験を持つ日本企業に対しては、中国メディアやネットユーザーも称賛の声を惜しまない。日本企業(中国)研究院は18日、「2017年中国メディアの注目を最も受けた日本企業TOP10」を発表した。環球網が伝えた。

【その他の写真】

No.10 日立

キーワード:一帯一路(the Belt and Road)

企業間取引をメイン業務とする日立はもともと、中国ではあまり注目されていなかった。しかし、安倍晋三首相が17年6月に初めて「一帯一路」イニシアティブと連携する意向を示して以降、中国メディアからの注目度は一気に上がった。それは、日立が中国の「一帯一路」イニシアティブとの連携をいち早く表明した日本企業の一つだからかもしれない。日立は15年以降、さまざまなシーンで、「一帯一路」との連携、中国企業との提携を積極的に行うという姿勢を示してきた。

No.9 安川電機

キーワード:ロボット

17年、「ロボット」が中国の経済ニュースのホットワードとなり、世界の4大産業ロボメーカーに名を連ねる安川電機はもともとほとんど知られていなかったが、中国でも一気に知名度を上げた。

NO.8 LINE

キーワード:シェア自転車

17年12月、日本で人気のSNSであるLINEは中国でシェア自転車事業を展開する摩拝単車(モバイク)と資本業務提携を締結し、今後LINEを活用したシェアサイクルサービスの提供を日本で展開すると発表した。それまで、中国でLINEの知名度は低かったものの、「新四大発明」の一つであるシェア自転車を中国で大々的に展開し、中国で知らない人はほぼいないモバイクと提携したことで、中国での注目度が一気に上がった。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年1月23日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。