中国の都市化率が58.52%に上昇―中国国家統計局

中国の都市化率が58.52%に上昇―中国国家統計局
2017年末の時点で、中国都市部の常住人口は前年末比2049万人増の8億1347万人。総人口に占める都市部人口の割合(自都市化率)は58.52%と、前年末比1.17ポイント上昇した。写真は太原。(Record China)
国家統計局の最新統計データによると、2017年末の時点で、中国都市部の常住人口は前年末比2049万人増の8億1347万人。総人口に占める都市部人口の割合(自都市化率)は58.52%と、前年末比1.17ポイント上昇した。新華社が伝えた。

党中央と国務院は数年前から、新型都市化建設の推進を深く掘り下げ、一連の重大実施方策を発表しており、中国の都市化レベルは急上昇している。統計データによると、2012年と比べ、常住人口の都市化率は5.95ポイント上昇、都市部における常住人口は1億165万人増加した。また、都市部住民と農村部住民の所得格差は引き続き縮小傾向にある。2017年、農村部住民の1人当たり可処分所得の実質増加率は都市部住民より0.8ポイント高く、都市部住民の収入の割合は前年の2.72から2.71に低下した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年2月7日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。