大みそかの北京、爆竹禁止でPM2.5濃度が大幅に下がる―中国

大みそかの北京、爆竹禁止でPM2.5濃度が大幅に下がる―中国
北京市観光局によると、旧暦大晦日(今年は2月15日)に北京市のPM2.5濃度は昨年と似た大気拡散条件の下、急速に下がった。(Record China)
北京観光局によると、旧暦大晦日(今年は2月15日)に北京市のPM2.5濃度は昨年と似た大気拡散条件の下、急速に下がった。ピーク濃度も著しく下がり、午前1~3時の汚染ピークはほぼ消失した。中国新聞網が伝えた。

PM2.5濃度は201マイクログラム/立方メートルで、昨年の426マイクログラムから225マイクログラム、52.8%の減少となった。「北京市花火爆竹安全管理規定」が施行された今年、北京五環路内は花火・爆竹が全面禁止された。五環路外もどこでも花火・爆竹を使えるわけではなく、文化保護単位、交通中枢、可燃物・爆発物保管所など16種類の場所が花火・爆竹禁止とされた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月16日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。