日本卓球の14歳エース張本智和、「いずれ中国の最大の脅威に」と中国代表の元監督

日本卓球の14歳エース張本智和、「いずれ中国の最大の脅威に」と中国代表の元監督
中国メディアによると、2月末に英国で開かれるITTFチームワールドカップを前に、中国代表の元監督が14歳の日本代表・張本智和について「最強のライバル」と語った。元監督は「いずれ中国の最大の脅威に」とも警戒している。資料写真。(Record China)
2018年2月16日、2月末に英国で開催される2018年ITTFチームワールドカップを前に、中国代表元監督の劉国梁氏が14歳の日本代表・張本智和について「最強のライバル」と語った、と中国メディが伝えた。同氏は「同年代の選手は優位に立てない。いずれ中国の最大の脅威になる存在」とも警戒している。

チームワールドカップは2年ごとに開かれ、日本や中国、ドイツ、韓国、英国など男女別に各12チームが出場。抽選で4組に分かれてリーグ戦を行い、上位2チームがトーナメント戦に進出する。

日本からは男子で張本をはじめ丹羽孝希、大島祐哉、上田仁の4選手、女子は石川佳純、平野美宇、伊藤美誠、早田ひな4選手がそれぞれ出場する。中国男子は樊振東、林高遠、許●(シュー・シン、●は日偏に斤)、馬龍、于子洋が出場。女子は朱雨玲、王曼●(ワン・マンユー、●は日の下に立)、陳幸同、丁寧、劉詩●(リウ・シーウェン、●は雨かんむりに文)が出場する。

両親が中国出身で「チョレイ」の雄たけびでも知られる張本は、1月の全日本卓球選手権大会の男子シングルス決勝戦で、優勝9回を誇る水谷隼を破り初優勝して史上最年少優勝記録を更新。昨年8月には国際卓球連盟(ITTF)ワールドツアー・チェコオープン男子シングルスで14歳61日で優勝し、ワールドツアー史上最年少優勝記録も更新している。ITTFの世界ランキングは2月現在11位だ。

中国国営新華社通信のインタビューに応じた劉元監督は張本について「注目している。私たちが直面する最大の変数。いずれ中国にとって最大の脅威となりうる存在」と指摘。「彼の今の年齢での成績と卓球への情熱をみると、プレーの面から言えば同年代の選手は優位に立てない」と述べた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 張本智和 中国
レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年2月19日の中国記事

「張本智和 + 中国」のおすすめ記事

「張本智和 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「伊藤美誠」のニュース

次に読みたい関連記事「伊藤美誠」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「石川佳純」のニュース

次に読みたい関連記事「石川佳純」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら