米国抜きの新TPPが発表、今年3月に署名へ―中国メディア

米国のトランプ大統領が「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)」から永久に離脱することを発表してから1年たち、米国抜きの11カ国による新協定「TPP11」の条文がこのほど公表された。新協定の正式名称は「CPTPP(包括的および先進的環太平洋連携協定)」で、チリで3月8日に署名される予定だ。環球時報が伝えた。

ロイター通信の21日付けの報道によると、オーストラリア政府が同日発表した「TPP11」には、米国が主張した知的財産分野などの22項目が、効力を停止する凍結項目として列挙されている。シドニー大学法学部のリーキンバリー・ウェザーロール教授は、「TPP11」の最大の変化について、「協議中だったたくさんの項目が凍結されたこと。医薬品の知的所有権保護をめぐるルールなど、その多くは米国が『TPP12』に盛り込むよう要求していた」と説明した。

米国がTPPを離脱して以降、日本を筆頭とする11カ国は今年1月、「CPTPP」を発表した。同協定はTPPの内容の95%以上を引き継いでおり、発効条件が大幅に緩和された。これまで、米国を含む12カ国のGDPの85%以上を占める6カ国以上の批准が必要で、GDPの60%超を占める米国の批准が必須だった。しかし、米国が離脱したことによって事実上TPPが撤廃された。新協定は、11カ国のうち、6カ国の国内承認手続きが完了すれば発効できる。フランス通信社はニュージーランドのパーカー...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年2月25日の中国記事

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。