世界各国と比較!韓国の宇宙開発はどこまできた?=「せめて日本の半分はいかないと」「本当に開発してる?」―韓国ネット

世界各国と比較!韓国の宇宙開発はどこまできた?=「せめて日本の半分はいかないと」「本当に開発してる?」―韓国ネット
8日、韓国メディアはこのほど、100年近く宇宙に挑んできた欧米との差などに言及しつつ、韓国の宇宙開発の現状について報じた。資料写真。(Record China)
2018年3月8日、韓国・アジア経済はこのほど、100年近く宇宙に挑んできた欧米との差などに言及しつつ、韓国の宇宙開発の現状について報じた。

記事ではまず「航空宇宙研究所が設立された時点を韓国の宇宙産業の始まりであるとすると、韓国が果てしない挑戦の道に入ってから30年余りが過ぎた」と説明している。

その上で現在の状況について、米国の宇宙財団が今年1月に発行した「宇宙報告書2017(The Space Report 2017)」を基に、「2017年1月1日時点で世界各国が運用中の人工衛星は計1458基。米国が594基、中国が192基、ロシアが136基、日本が60基、英国が41基、インドが45基、カナダが32基を運用中で、韓国も9基の人工衛星を稼動している」と紹介している。2016年における国家別宇宙発射体の発射回数は中国が22回と最多で、後には米国21回、ロシア19回、欧州9回、インド7回、日本4回が続いているそうだ。また、2017年の宇宙開発予算は米国が444億4400万ドル(約4兆7040億円)と最も多く、次いで欧州58億2000万ドル(約6160億円)、中国43億1700万ドル(約4570億円)、日本32億3500万ドル(約3420億円)、ロシア16億3000万ドル(約1725億円)となっており、韓国は6億4700万ドル(約680億円)。国家別の国内総生産(GDP)と比べた宇宙開発投資の割合は、米国0.239%、ロシア0.122%、日本0.062%、インド0.049%、韓国0.046%とのこと。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年3月9日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら