広州市が2040年完成の鉄道ターミナル計画―中国

広州市が2040年完成の鉄道ターミナル計画―中国
広州市が計画する2040年完成予定の鉄道ターミナル建設プロジェクト「2040年広州市交通発展戦略計画:グローバル都市の位置づけに基づく広州鉄道ターミナル発展戦略研究」の入札が始まった。写真は広州駅。(Record China)
広州市が計画する2040年完成予定の鉄道ターミナル建設プロジェクト「2040年広州市交通発展戦略計画:グローバル都市の位置づけに基づく広州鉄道ターミナル発展戦略研究」の入札が始まった。同プロジェクトはグローバル都市という位置づけに基づいて鉄道ターミナルの発展を研究すると同時に、国の「一帯一路」(the Belt and Road)発展イニシアティブの配置に合わせて、国際化された鉄道輸送の広州における実施ルートを検討する必要があると提起する。広州日報伝えた。

広州は長年にわたり重要な交通ターミナルだ。2016年2月には、「国務院の広州市都市全体計画に関する回答」が広州の都市としての位置づけを明確にし、「広東省の省都、国の歴史的・文化的有名都市、中国の重要な中心的都市、国際商業貿易センター、総合交通ターミナル」と位置付けた。

2016年3月、国の第13次五カ年計画綱要は、北京、上海、広州などに国際的な総合交通ターミナルを建設することを提起した。

2017年5月、中国鉄路総公司と広東省人民政府は共同で、「広州鉄道ターミナル計画(2016~2030年)」に回答し、広州のターミナルとしての位置づけを「全国的に重要かつ華南地域で最大の鉄道ターミナル」とした。

公示されている「広州市都市総合計画(2017~2035年)」草案では、広州の都市としての性質の一つとして「国際的な総合交通ターミナル」が挙げられ、鉄道がその重要な要素であることは間違いない。同草案の計画では、未来の広州には、広州駅、広州東駅、白雲駅(元の棠渓駅)、広州南駅、広州北駅、白雲空港駅、新塘駅、増城駅、慶盛駅、南沙駅(万頃沙)の10大鉄道駅がそろう見込みだ。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 広州 事件
  2. 広州 観光
レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年3月19日の中国記事

「広州 + 事件」のおすすめ記事

「広州 + 事件」のおすすめ記事をもっと見る

「広州 + 観光」のおすすめ記事

「広州 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら