大谷翔平が2戦連発、台湾メディア「神過ぎる!」

大谷翔平が2戦連発、台湾メディア「神過ぎる!」
5日、大リーグ・エンゼルスに所属する大谷翔平が2戦連発となる本塁打を放ったことが、台湾メディアでも大きく報じられている。(Record China)
2018年4月5日、大リーグ・エンゼルスに所属する大谷翔平が2戦連発となる本塁打を放ったことが、台湾メディアでも大きく報じられている。

大谷は前日の本拠地デビュー戦の初打席で右中間に3ランを放ち、ファンやメディアの度肝を抜いた。この日はインディアンスに2点リードされて迎えた5回、昨シーズンにサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を獲得した右腕クルバーからセンターに同点となる2ランを放った。

大谷の活躍を台湾メディアも速報している。自由時報は「神!大谷翔平が2戦連発、サイ・ヤング賞の強力投手を打つ」と題した記事で、大谷の本塁打映像を掲載。大谷が前日に初本塁打を放ったことや、相手のクルバーが2度のサイ・ヤング賞を獲得している優れた投手であることなどを紹介した。

また、NOWNEWSも「神過ぎる!大谷翔平が2戦連発」と伝え、中国時報は「大谷翔平が2日続けての本塁打、今度はサイ・ヤング賞投手から」と題する記事でやはり本塁打の動画を掲載し、今シーズンの打率がここまで4割を超えていることを紹介している。(翻訳・編集/北田)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月5日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。