フードデリバリーのライダー、信号無視924回で罰金200万円以上=「警察はなぜ900回も信号無視するまで気付かない?」―中国ネット

フードデリバリーのライダー、信号無視924回で罰金200万円以上=「警察はなぜ900回も信号無視するまで気付かない?」―中国ネット
2日、中国中央テレビは、無免許で信号無視を繰り返して配達していたフードデリバリーのライダーが逮捕されたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。(Record China)
2018年4月2日、中国中央テレビ(CCTV)によると、無免許で信号無視を繰り返して配達していたフードデリバリーのライダーが逮捕された。

中国ではスマートフォンのアプリを利用したデリバリーサービスが大人気となっているが、報道によると、デリバリーのライダーの中には配達時間に間に合わせるために危険な運転をする人もいるという。

広東省茂名市でこのほど、交通警察が信号無視をしたオートバイを発見。フードデリバリーのライダーだったが、監視カメラによる自動取締の記録を調べたところ、半年あまりの間に計924回の信号無視をしていたことが分かった。1日平均5~6回で、多い日では1日に18回も信号無視をしていた。しかも、この人物は無免許だった。

ライダーは無免許運転の罪で1000元(約1万7000円)の罰金と15日間の拘留が科された他、道路交通安全法の規定に従い、900回以上の信号無視で十数万元(200万円以上)の罰金が科されるという。

このニュースに対し、中国のネットユーザーから「早く罰するべきだ」「この種のことがまた発生したら、会社も一緒に罰すれば効果があると思う」「稼いだ給料を合わせても、罰金には足りないんじゃないか」「なんで信号無視が900回以上になってようやく気が付いたんだ?交通警察は何をしていたんだ?」などの指摘もあった。(翻訳・編集/山中)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月5日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。