<コラム>文化大革命終息に立ち会った夏、40万人の祝賀デモに乱入

<コラム>文化大革命終息に立ち会った夏、40万人の祝賀デモに乱入
中国の文革が終わって、昨年で丁度40年になる。若い人たちに分かるはずはないが、我々団塊の世代には、新聞をめくると「自己批判」「奪権闘争」「造反有理」などの見出しが目に飛び込んでくる。写真は上海。(Record China)
今年も中国映画祭が「日中平和友好条約締結40周年記念」とサブタイトルを付けられて、にぎにぎしく開幕された。文化庁・ユニジャパン、大使館からは全権大使、文化部参事官などそうそうたる方々が列席した開幕式が、TOHOシネマズ六本木ヒルズというゴージャスな映画館で3月8日(国際婦人デー)に開催された。

オープニング作品は「芳華」という文化大革命の軍隊内芸術団の物語。原作者は、人気のある厳歌嶺という美しい作家で、他に話題作の(北京駐在中に王府井の映画館で見たことがあった)「帰来」や小説「小姨多鶴」など、なかでも文革を扱った作品が有名である。

その文革が終わって、昨年丁度40年になる。若い人たちに分かるはずはないが、我々団塊の世代には、新聞をめくると「自己批判」「奪権闘争」「造反有理」などの見出しが目に飛び込んでくる。何が起こっているのか?その興味から随分新聞を切り抜き、それは今でも押入れのどこかに潜んでいるはずである。その中国の文化大革命の終息に立ち会うことになるとは、その頃思ってもみなかった。

中国に初めて足を踏み入れたのは1973年の10月から11月にかけての3週間、香港経由で深セン川の小さな橋を渡って、新中国の土を初めてしっかりと踏みしめた。北京では街中の壁という壁はスローガンだらけ、人っ子一人いない故宮博物院を参観するとベンガラの赤い城壁に見事なスローガンが書かれていた。

それから4年後の1977年8月に、ある有名な女子高教職員と中国各地を回った。武漢に入ると街の様子が少し変わって来た。ざわついていて何か楽しげでもある。あちこちでトラックを洗っている場面に遭遇する。「なんだろうね、ここの人たちはきれい好きなのかな」という人もいた。南京まで来ると、武漢で感じた印象がさらに強まったような心地がした。やはり市内見学に入るとあちこちで、トラックに飾り付けしているような場面にであった。「何かあるのかな?」みんなが感じ始めた。蘇州になると、トラックのボディーにペイントしたり花を飾ったりしている。街の雰囲気も浮かれた感じがする。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月5日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。