米朝首脳会談は想定外だった?トランプ大統領の即決に金正恩委員長は“当惑”か=韓国ネット「全ての状況が韓国の味方」「もし成功しなければ…」

米朝首脳会談は想定外だった?トランプ大統領の即決に金正恩委員長は“当惑”か=韓国ネット「全ての状況が韓国の味方」「もし成功しなければ…」
5日、韓国メディアは「ドナルド・トランプ米大統領は金正恩朝鮮労働党委員長の首脳会談開催の提案を45分で受け入れた」とし、「これは金委員長が予想だにしていなかった電撃的な決定だった」と伝えた。資料写真。(Record China)
2018年4月5日、韓国日報は「ドナルド・トランプ米大統領は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の首脳会談開催の提案を45分で受け入れた」とし、「これは金委員長が予想だにしていなかった電撃的な決定だった」と伝えた。

記事によると、韓国の外交消息筋は4日、フィンランドでの米国や韓国の代表団との会議に出席した北朝鮮代表団の1人が「(金委員長は)来年あたりを想定して北米(米朝)首脳会談を提案したが、トランプ大統領が45分で提案を受け入れたので当惑した」と述べたことを明かした。

記事は「実際に米国の現職大統領と北朝鮮の指導者による初の首脳会談の合意は電光石火のごとく実現した」とし、「トランプ大統領は先月8日にホワイトハウスで金委員長からの『早期に会おう』という伝言を聞いた際、迷うことなく『5月に会おう』と述べた」と説明している。

これについて、韓国政府の消息筋は「トランプ大統領がすぐに(首脳会談を)受け入れたのは、自身を取り巻く不倫スキャンダルをもみ消したかったため」と分析しているという。

さらに韓東大のパク・ウォンゴン教授は、韓国政府当局者から聞いた話として「金委員長は高官級の会談を念頭に置き、首脳会談は状況をみて判断しようという立場だったが、思いがけず米国が首脳会談の提案を受け入れた」と明らかにしたという。

また記事は「最近の北朝鮮は明らかに困惑した様子を見せている」とし、「北米(米朝)首脳会談について一切報道していなかったが、トランプ大統領が外交安保関係閣僚の交代を強行すると、先月26日に慌てて北中(中朝)首脳会談を行った」と指摘。さらに、同首脳会談で金委員長が非核化の条件として「段階的で同時並行の措置」を求めたことについても、「非核化を急速に進めようとする米国の作戦が手に負えなかったためとの見方が強い」と伝えている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月5日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。