中国人多い川口市芝園団地、ある取り組みで住民からのクレームが減少―中国メディア

中国人多い川口市芝園団地、ある取り組みで住民からのクレームが減少―中国メディア
14日、中国僑網は、埼玉県川口市の芝園団地で、日本人と中国人の相互理解のため、交流会が行われていると伝えた。資料写真。(Record China)
2018年4月14日、中国僑網は、埼玉県川口市の芝園団地で、日本人と中国人の相互理解のための交流会が行われていると伝えた。

記事は、「川口市の芝園団地には約5000人の住人がいるが、そのうち約半数が中国人を主とする外国人である」と紹介。東京の中心部から電車で30分ほどの立地で、団地内に入ると香辛料の香りが漂い、子どもたちは中国語ではしゃぎまわっているという。

記事によると、「以前は、習慣文化の違いのために異なる国籍の住民同士の間にトラブルが発生していたが、今では自治体や大学生ボランティアらの努力により、交流と相互理解が深まっている」という。

記事は、4月上旬の土曜日に、団地入り口の広場に日本とアジアの巨大な地図がかけられたことを紹介。これは多文化交流を促すイベントで、通りがかる住民は地図上の自分の出身地を指さして、祖国を自慢するためのものだという。

約1年前にこの団地へ引っ越してきたという金永権(ジン・ヨンチュエン)さんは、「故郷は吉林省。朝鮮半島に近いので冷麺がおいしいところ」と笑いながら語った。そして金さんは、自治会加入の手続きを行ったという。

このイベントは、埼玉県と東京都の大学生からなるボランティア団体「芝園かけはしプロジェクト」が計画したもの。早稲田大学4年生の森下誠さんは、「今日のような短い会話をきっかけに、多くの人がその他の交流イベントに参加してくれたらうれしい」と語ったという。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月17日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。