お茶を架け橋に日中友好を語る、「春の茶会」が北京で開催―中国

お茶を架け橋に日中友好を語る、「春の茶会」が北京で開催―中国
中国人民対外友好協会、中日友好協会、日本茶道三千家の一つ裏千家は17日、北京で「中日友好春の茶会」を共同開催した。(Record China)
中国人民対外友好協会、中日友好協会、日本茶道三千家の一つ裏千家は17日、北京で「中日友好春の茶会」を共同開催した。中日友好協会の唐家●(タン・ジアシュエン、●は王へんに旋)会長、中国人民対外友好協会の宋敬武(ソン・ジンウー)副会長、裏千家15代家元・千玄室大宗匠、在中国日本大使館の四方敬之公使らが出席し、あいさつした。中国文化部の劉徳有(リウ・ダーヨウ)元副部長は文化サロンで、「茶――中日文化の架け橋」と題する講演を行った。人民網が伝えた。

【その他の写真】

宋副会長はあいさつの中で、「今年は日中平和友好条約締結40周年で、日中関係は良い方向へ向き、一層、改善、発展する重要な時期を迎えている。この記念すべき年に、両国各界の人々が一堂に会し、お茶で親睦を深め、共に平和を祈願するというのは、とても意義があり素晴らしいことだ。日中両国はアジア、ひいては世界でも重要な国で、地域や世界の平和、安定、繁栄という重責を背負っている。日中はこれからも文化の架け橋を強化し、友好交流を拡大させ、日中関係の健全で安定した発展を促進し、人類運命共同体の構築を促進し、平和を保護、促進していかなければならない」と語った。

開幕式では、千玄室大宗匠がゲストを前にお茶をたて、日中友好と世界和平を祈願して献上し、「今後も『一碗の茶から平和を』を信念として、日中両国の民間、文化交流を強化し、各界の人々と共に日中国民の友好な関係の発展のために努力したい」と語った。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月20日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。