中国のエンゲル係数の大幅低下は何を意味するか―中国メディア

中国のエンゲル係数の大幅低下は何を意味するか―中国メディア
エンゲル係数が30%を下回ると、未来の消費バージョンアップへの流れがうかがえるのと同時に、不均衡で不十分な発展という現実も浮かび上がってくる。写真は中国のレストラン。(Record China)
エンゲル係数が30%を下回ると、未来の消費バージョンアップへの流れがうかがえるのと同時に、不均衡で不十分な発展という現実も浮かび上がってくる。人民日報が伝えた。

最近、エンゲル係数がまた人々の視野に入るようになった。中国国家発展改革委員会が作成した「2017年中国国民消費発展報告」の中で、2017年の全国のエンゲル係数は29.39%になり、中国は初めて国連の定義する豊かさのライン20~30%に突入したと指摘されたためだ。改革開放がスタートしてから40年がたち、中国のエンゲル係数は大幅に低下した。これはどんな意味を持つのだろうか。

エンゲル係数が示すのは、総支出に占める食費の割合で、家庭や国家の豊かさを示す直感的で簡潔な目安とされている。支出の70%を食費以外に使えるということは、「以食為天」(食べることが何よりも重要)の中国人が食べること以外に使える富をより多く持つようになったことを意味する。こうした変化は人々の感性や考え方にも合致している。旅行にお金を惜しまない人が多くなり、高速鉄道や飛行機を利用することが当たり前になった。携帯電話の新機種が出れば、たちまち社会全体の話題になり、映画は上映前から全国民の期待を集めるようになり、教育・文化・娯楽消費が大幅に増加した。医療保険も硬直的需要になり、消費の範囲がますます広がり、消費のモデル転換・バージョンアップが目に見えて、実感できるものになった。「豊かになった」は共通認識だといえる。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月24日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。