中国の宇宙ステーションの一部技術がISS超える?―中国メディア

中国の宇宙ステーションの一部技術がISS超える?―中国メディア
中国有人宇宙事業チーフデザイナーの周建平氏は24日、2022年に完成予定の中国宇宙ステーション「天宮」は、情報とエネルギー、動力技術、ランニングコストの面で、国際宇宙ステーションを上回る可能性があると表明した。資料写真。(Record China)
       
中国有人宇宙事業チーフデザイナーの周建平(ジョウ・ジエンピン)氏は24日、2022年に完成予定の中国宇宙ステーション「天宮」は、情報とエネルギー、動力技術、ランニングコストの面で、国際宇宙ステーション(ISS)を上回る可能性があると表明した。科技日報が伝えた。

周氏はまた、「全体的に見て、天宮は規模のほか、機能や応用の効果、建造技術、物資補給などの重要指標でミールを上回り、ISSの水準に達するか近づくことになる」と説明した。

周氏は同日開かれた、3年目となる「中国宇宙の日」メイン活動で、天宮について詳細に説明した。周氏によると、その基本構造は1つの核心モジュール、2つの実験モジュールで構築される。3つのモジュールの複合体の重量は66トンで、定員は通常3人。乗組員交代の時には短期的に6人を収容できる。

天宮には3つの接合部があり、有人宇宙船、補給船、その他の宇宙船による接合と停泊を受け入れる。船内には26のペイロード積載空間、67の中小型船外ペイロード接合部、3つの船外大型ペイロード吊り下げ箇所、1つの拡張試験プラットフォーム吊り下げ箇所がある。給電、情報、熱制御、ロボットアームなどの応用ペイロードによる力強い支援力を持つ。実験プロジェクト及び試験設備は需要に応じて交換もしくはアップグレードできる。モジュール化補給船はペイロード実験に、高い輸送能力と理想的な輸送環境を提供する。

大型宇宙望遠鏡を搭載する光学モジュールも、宇宙ステーションと同じ軌道上を飛行する。ハッブル宇宙望遠鏡に匹敵する分解能と、視野200倍以上の天文巡行観測能力を持つ。光学モジュールは短期的に宇宙ステーションに停泊し、メンテナンスや推進剤の軌道上補給を行うことができる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。