エスカレーターは「右立ち、左空け」?故障頻発の原因に―中国

エスカレーターは「右立ち、左空け」?故障頻発の原因に―中国
広東省の広州地下鉄は最近、安全性を考慮してエスカレーターの「右立ち、左空け」は推奨しないとの見方を示した。(Record China)
広東省の広州地下鉄は最近、安全性を考慮してエスカレーターの「右立ち、左空け」は推奨しないとの見方を示した。広州地下鉄は「『右立ち、左空け』をすると、エスカレーターにかかる力が不均衡となり、故障頻発の原因となるほか、エスカレーターを歩くと危険であるため、できるだけ歩かないように」と注意喚起している。羊城晩報が伝えた。

■「右立ち、左空け」はステップの傾きの原因に

中国でもいつからか、エスカレーターに乗るときは「右立ち、左空け」し、左は歩く人のために開けておくというのが、公認の「マナー」となっている。しかし、広州地下鉄によると、エスカレーターのメンテナンスで、エスカレーターの約95%は、右側の駆動チェーンの摩耗が明らかに左側より激しく、ステップが少し斜めになったり、ステップの両側の内側板やステップライザーの摩耗が激しくなったりする原因となっているという。

メンテナンススタッフによると、エスカレーターは設計時に、長時間かかる力が不均衡であることを考慮に入れているものの、「右立ち、左空け」をすると、エスカレーターの一部の部品に力がかかって摩耗する原因となり、その寿命が短くなり、エスカレーターの故障が頻発する原因となるという。

広州地下鉄は「エスカレーターと階段では蹴上げの高さが異なる。エスカレーターの蹴上げは21センチで、公共施設の階段は15センチが基準。エスカレーターを歩くと、踏み外したり、つまずいたりしやすい。また、歩くと他の人に接触して、事故につながる可能性もある。そのため、安全性という観点から、エスカレーターに乗る時は手すりにしっかりとつかまり、足元の安全に注意しなければならない。急いでいる人は、階段を利用する方が無難」と注意を呼びかけている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月29日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。