生態環境が好転、湿地公園に多くの渡り鳥が訪れるように―甘粛省玉門市

生態環境が好転、湿地公園に多くの渡り鳥が訪れるように―甘粛省玉門市
ここ数年、生態環境が好転したことにより、甘粛省河西回廊西部に位置する玉門市は渡り鳥の越冬場所もしくは中継点となりつつある。(Record China)
ここ数年、生態環境が好転したことにより、甘粛省河西回廊西部に位置する玉門市は渡り鳥の越冬場所もしくは中継点となりつつある。毎年冬入りと初春になると、同市の各湿地公園には多くの渡り鳥が現れる。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

また、同市ではここ数年、4つの人工湖を造り、その面積は20万平方メートルに達しており、毎年人工湖に320万立方メートルの水が注入され、公園の緑化面積は約53ヘクタールに達している。(提供/人民網日本語版・編集/YK)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月30日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。