中国外相が5月に北朝鮮訪問へ、習近平主席の6月訪朝が現実味―米華字メディア

中国外相が5月に北朝鮮訪問へ、習近平主席の6月訪朝が現実味―米華字メディア
30日、米華字メディアの多維新聞は、中国の王毅国務委員兼外相が5月2~3日に北朝鮮を訪問することについて「習近平国家主席の6月訪朝説を裏付けるものだ」と報じた。資料写真。(Record China)
2018年4月30日、米華字メディアの多維新聞は、中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相が5月2~3日に北朝鮮を訪問することについて「習近平(シー・ジンピン)国家主席の6月訪朝説を裏付けるものだ」と報じた。

記事はまず、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官が30日、王毅国務委員兼外相が北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相の招きに応じ、5月2~3日に北朝鮮を訪問すると発表したことを紹介した。

その上で記事は、「習主席が外国を公式訪問する前に王毅外相が先遣部隊を務めるのは、中国政治の慣例だ」と指摘した。

記事は、「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が3月26日から28日まで中国を非公式訪問した際、北朝鮮の朝鮮中央通信は、習主席が金委員長の訪朝招請に応じたと伝えた。だが中国側の報道発表ではこの点に触れられなかった」とした上で、多維新聞が先日、韓国の消息筋の話として「習主席が6月に北朝鮮を訪問する可能性がある」と報じたことを紹介した。

記事は、「訪問が実現すれば、習氏が2013年に中国の最高指導者に就任してから初の訪朝となり、中国の国家主席としては13年ぶりの訪朝となる」とした上で、「中朝間の最高指導者の相互訪問は、北朝鮮の指導者が先に訪問し、それに応えて中国の指導者が訪問するのが慣例だ。1989年11月に金日成(キム・イルソン)主席が訪中し江沢民(ジアン・ザーミン)国家主席の訪朝を招請すると、江氏は4カ月後の90年3月に初めて訪朝した。胡錦濤(フー・ジンタオ)国家主席も金正日(キム・ジョンイル)総書記の2004年4月の訪中を受け、翌年10月に訪朝した」と紹介。金委員長がすでに中国を非公式に訪問していることから、「習氏が訪朝すれば、この慣例に符合する」とし、「習氏の6月訪朝が実現すれば、正恩氏の訪中からわずか3カ月後だ。中朝関係を正常な軌道へと戻すための一歩となり、朝鮮半島情勢を好転させるための一歩ともなる」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月30日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。