海南省の離島免税政策、施行7年間で売上6400億円に―中国

海南省の離島免税政策、施行7年間で売上6400億円に―中国
海南省の離島免税政策の施行から7年間でその売り上げは375億9000万元(約6400億円)に達した。写真は三亜市。(Record China)
海南省海口市の税関当局が発表した情報によると、海南省の離島免税政策の施行から7年間でその売り上げは375億9000万元(約6400億円)に達した。新華社が伝えた。

同政策は2011年4月20日の施行から、2018年4月2日で7周年を迎えた。この期間中、関連政策の調整が4回行われた。対象者の年齢や離島免税品目、免税購入上限額、購入回数の上限、販売方法などの見直しで、政策のボーナスがさらに引き出された。

税関当局によると今月19日までで、三亜市と海口市の免税店2店舗で販売された離島免税品4796万6000点の監督管理を行った。売上は375億9000万元で、購入者は延べ1153万5000人。

情報によると、海南省の離島免税政策は今後、海南省の国際観光消費センター建設の位置付けに基づき再び調整されるという。税関当局は、研究と革新の拡大を続け、監督管理方法を改善し、よりスムーズなショッピング監督管理サービスを提供すると表明した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月30日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。