パリのブランドショップ、中国人客に侮辱的発言したスタッフを停職処分に―シンガポールメディア

パリのブランドショップ、中国人客に侮辱的発言したスタッフを停職処分に―シンガポールメディア
パリのブランドショップで客同士による小競り合いが起こり、その際に店員が中国人観光客を侮辱する発言をしたことが問題となり、ショップ側が謝罪し当事者への処分を発表した。資料写真。(Record China)
2018年4月30日、参考消息網によると、パリのブランドショップで客同士による小競り合いが起こり、その際に店員が中国人観光客を侮辱する発言をしたことが問題となり、ショップ側が謝罪し当事者への処分を発表した。

シンガポール紙ザ・ストレーツ・タイムズによると、事件は25日に発生した。パリのプランタン百貨店にあるファッションブランド・バレンシアガの店舗に入るために並んでいた中国人女性が、列に割り込もうとした人を叱責した。中国メディアがSNS上で紹介した動画によると、割り込んだ人物は中国人女性につかみかかり、女性の息子が地面に倒されて暴行を受けた。また、店員が中国人に侮辱的な発言をするとともに、店から離れるよう要求した。

このトラブルを知った中国の一部ネットユーザーは怒りを示し、バレンシアガの不買を呼びかけた。バレンシアガは26日に中国版ツイッター・微博にて謝罪声明を発表するとともに「事件を非常に残念に思う。当時、警備員に対して直ちに介入し、事態の早期回復を支持した」とコメントした。

そして28日には再び謝罪声明を発表し、「事件の深刻さを考慮し、中国人を罵倒したスタッフを停職処分とした」ことを明らかにしている。(翻訳・編集/川尻)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年4月30日の中国記事

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。