南京大虐殺記念館が来館者にマナー順守呼び掛け=池に石を投げまくる子どもの動画が物議

南京大虐殺記念館が来館者にマナー順守呼び掛け=池に石を投げまくる子どもの動画が物議
2日、中国南京市の「南京大虐殺記念館」は公式ウェイボーで来館者にマナー順守を呼び掛けた。写真は南京大虐殺記念館の池。(Record China)
2018年5月2日、中国のインターネット上でこのほど、南京市の「南京大虐殺記念館」の池に向かって幼稚園児や小学生とみられる子どもらが足元の砂利を投げつけ、周りにいる保護者もそれを止めようとしない様子を映した映像が拡散し物議を醸したことを受け、同館は公式ウェイボー(中国版ツイッター)に、同館の石や砂利などについて説明した読み物を投稿し、来館者にマナー順守を呼び掛けた。

同館は「石の種類にかかわらず、来館者はそれを投げるべきではなく、基本的な見学マナーを守るべきだ 記念館には毎年、約800万人が来館する。静かに見学する人が大多数だ。だが一部に非文明的な行動をする人がいることを否定できない。われわれは管理をさらに強化し、広場の配置人員を増やすとともに、来館者にも見学マナーを守るよう呼び掛ける」とした。(翻訳・編集/柳川)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月4日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。