日中韓首脳会談2年半ぶりに開催へ、これまでの道のりを振り返る―中国メディア

日中韓首脳会談2年半ぶりに開催へ、これまでの道のりを振り返る―中国メディア
日中韓サミットが9日に東京で開催され、安倍晋三首相、中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領が出席する。(Record China)
第7回日中韓サミットが9日に東京で開催され、安倍晋三首相、中国の李克強(リー・カーチアン)首相、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席する。今回のサミットは2年余りの中断を経ての再開となる。日中韓首脳は1999年の初会談以来、すでに会談や会議を10数回行っているのに、今回が第7回サミットと呼ばれるのはなぜか。

【その他の写真】

3カ国の協力制度としての日中韓首脳の定期会談・会議には明らかな特徴が2つある。

第1に、日中韓協力初期の日中韓首脳会議はASEANの枠組内で完結した。この段階で日中韓首脳は毎年ASEANプラス3(日中韓)首脳会議の開催期間に会談または会議を行った。1999年から2007年11月まで、3カ国首脳は会談や会議を計8回行った。その間、2005年に日本の首相が靖国神社を参拝したため、3カ国首脳の第7回会議は延期を余儀なくされ、2007年1月にようやくフィリピンで開催された。

第2に、日中韓サミットはASEANプラス3の枠組外で、独立した形で開催される。2008年から3カ国首脳はASEANプラス3(日中韓)会議の期間に会議を開くと同時に、単独で会談を行うことを決めた。現在で言う第7回日中韓サミットは、2008年に初めて枠組外で開催された会談から数えたものだ。2008年12月から2015年11月まで、日中韓サミットは計6回開催された。

日中韓3カ国間協力の迅速な発展に伴い、日韓両国、特に韓国がASEANの枠組外での3カ国首脳会談の単独開催を積極的に主張するようになった。2004年に韓国が最初にこれを提案した。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月4日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。