9日に東京で日中韓首脳会談、2年半ぶりの開催、協力呼び掛け「三国志にあらず」と中国メディア

9日に東京で日中韓首脳会談、2年半ぶりの開催、協力呼び掛け「三国志にあらず」と中国メディア
日中韓首脳会談が9日、東京で開かれる。3国の首脳会談開催は2年半ぶり。中国メディアは中国が魏、呉、蜀の三つの国に分裂して戦った故事になぞらえ、「三国志にあらず」と協力を呼び掛けている。資料写真。(Record China)
2018年5月9日、安倍晋三首相、中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領による日中韓首脳会談が東京で開かれる。3国の首脳会談開催は2年半ぶり。朝鮮半島情勢が主要議題だ。中国メディアは中国が魏、呉、蜀の三つの国に分裂して戦った故事になぞらえ、「三国志にあらず」と協力を呼び掛けている。

日中韓首脳会談は2008年12月に福岡県で初めて開かれて以来、3国が持ち回りで開催しており、今回が7回目。15年11月にソウルで開かれた後、中国の消極的な姿勢や韓国の朴槿恵前大統領の弾劾などが重なり、2年半実現できなかった。

李首相は8~11日の日程で公賓として来日。天皇陛下と会見するほか、日本メディアによると、安倍首相との2国間会談で、懸案だった東シナ海で日本と中国の航空機などによる偶発的な軍事衝突を避ける「海空連絡メカニズム」や、経済危機が起きた場合、円と人民元を融通し合う通貨スワップ協定の再開などで合意する見通しだ。

文大統領は初めての訪日。韓国大統領としては11年12月の李明博氏以来6年5か月ぶりとなる。北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長との南北首脳会談を終えたばかりの文大統領は9日の会議の「主役」。韓国大統領府(青瓦台)の報道官は「南北首脳会談の結果を説明し、朝鮮半島の非核化と恒久的な平和定着のための3カ国間協力をさらに強化する方策について協議する」としている。

文大統領は3国首脳会談直後に安倍首相との個別会談や昼食会を予定。日帰りで帰国する。安倍首相は今後も継続される南北の接触で、日本人拉致問題の解決を北朝鮮に働き掛けるよう改めて要請するとみられる。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月4日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。