中国が貿易戦争で「一挙両得」?米国から大豆輸入を停止、国内では作付け奨励の緊急通知

中国が貿易戦争で「一挙両得」?米国から大豆輸入を停止、国内では作付け奨励の緊急通知
中国はすでに米国産大豆の輸入を停止した。一方で、国内の大豆作付け面積を大幅に増やす動きを見せている。中国はトランプ政権の経済政策への対抗と自国の農業振興の一挙両得を狙っていると思われる。写真は江蘇省南通市の埠頭に積まれた輸入大豆。(Record China)
米国内の関係者によると、中国はすでに米国産大豆の輸入を停止した。中国は一方で、国内の大豆作付け面積を大幅に増やす動きを見せている。中国は大豆の輸入停止を利用して、米トランプ政権の経済政策への対抗と自国の農業振興の「一挙両得」を狙っていると思われる。

中国の2017年における大豆輸入量は前年比13.9%増の9554万トンで、過去最高だった。国別で最も多かったのはブラジルからで、全体の53.3%の5093万トンだった。次が米国で、34.4%の3290万トンだった。中国では、輸入大豆の急増が自国の大豆生産に打撃を与えているとの見方があった。

トランプ政権は2018年になり、中国製鉄鋼やアルミ、通信機器などの輸入規制や対米投資の制限などの動きを本格化させた。中国側は一歩も引かない構えで、3月23日の外交部(外務省)の定例記者会見では華春瑩(ホア・チュンイン)報道官が、米側の措置を強く非難した上で自国側の対処としては儒教経典である「礼記」を引用して、「来而不往,亦非礼也(お返しをしないのは非礼である)」と述べた。さらに中国財政部は4月4日、米国産の大豆などの農産品に対して25%の関税を課すと発表した。

米メディアのブルームバーグによると、米穀物メジャーのブンゲのソレン・シュローダー最高経営責任者(CEO)は2日、中国は「カナダ産やブラジル産は買っている。しかし極めて意図的に、米国産は一切買い付けていない」と述べた。事実とすれば、中国は米国に対して、すでに発表していた関税を課す以上の対抗策を実施していることになる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月4日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。