「中華文化大楽園」東京公演が開催、会場は拍手喝采―中国メディア

「中華文化大楽園」東京公演が開催、会場は拍手喝采―中国メディア
日中平和友好条約締結40周年記念活動の一環として、「中華文化大楽園-優秀才芸学生交流団」東京公演が7日夜に開催され、在日華人・華僑、日本人の観客に向けて、京劇や武術、雑技、二胡、音楽、舞踊などの中華伝統芸術が披露された。(Record China)
日中平和友好条約締結40周年記念活動の一環として、「中華文化大楽園-優秀才芸学生交流団」東京公演が7日夜に開催され、在日華人・華僑、日本人の観客に向けて、京劇や武術、雑技、二胡、音楽、舞踊などの中華伝統芸術が披露され、その素晴らしい演出に会場は拍手喝采となった。人民網が伝えた。

【その他の写真】

在日本中国大使館の王軍(ワン・ジュン)参事官兼総領事はあいさつの中で、「青少年は国家の未来であり、日中友好の未来でもある。青少年の交流は民間交流を促進し、将来の日中のさらなる協力、友好関係のさらなる発展のために、基礎を築いてくれる」と語った。

東京公演の総監督を務める北京愛楽者文化交流有限公司の任熹強(レン・シーチアン)総経理は、公演前に取材に応じ、「日本は中国にとって重要な隣国で、今年はちょうど日中平和条約締結40周年にあたる。今回の公演の総監督を務めることができ、非常に光栄だ。今回の公演を通して、中国の文化を日本に伝えるほか、現地の華僑・華人に民族としての誇りを感じてもらえればうれしい。また、観客の3分の1は日本人であるため、この機会を通して日本人に中国文化を敬意を持って見てもらい、中国の青少年の精神と才能、技術を知ってもらいたい」と語った。「中華文化大楽園」は、海外の中華系青少年に中華文化に対する理解を深めてもらうことを目的とした活動だ。今回の交流団は、北京や山東、山西、陝西、遼寧、安徽などの中国各地から来た10~18歳の才能あふれる青少年22人で構成されている。

交流団は今後、5月10日に長崎、5月12日に大阪で公演を行う予定だ。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月9日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。