専門家が読み解く李克強首相の訪日「日中関係や経済協力などをさらに推進」―中国

専門家が読み解く李克強首相の訪日「日中関係や経済協力などをさらに推進」―中国
安倍晋三首相の招待を受けて、中国の李克強首相が5月8日から11日まで日本を公式訪問し、第7回日中韓サミットに出席する。この外界の注目を集める話題について、中国社会科学院日本研究所の楊伯江副所長が人民網のインタビューに答えた。(Record China)
安倍晋三首相の招待を受けて、中国の李克強(リー・カーチアン)首相が5月8日から11日まで日本を公式訪問し、第7回日中韓サミットに出席する。中国首相の公式訪日は8年ぶりであり、日中韓サミットの開催も2年半ぶりだ。この外界の注目を集める話題について、中国社会科学院日本研究所の楊伯江(ヤン・ボージアン)副所長が人民網のインタビューに答えた。

【人民網】日中韓3カ国の協力再開は米国の一国主義に対してどのような意味を持つか。

【楊副所長】米国の一国主義に対して、理念的、観念的な抑制になるとともに、実質的なリスクヘッジの作用も持つと考える。昨年1月17日、習近平(シー・ジンピン)国家主席はスイス・ダボスで開催された世界経済フォーラム(ダボス会議)で卓越した演説を行い、そこから浮かび上がった核心的思想はグローバル化を擁護すること、中国が自由貿易を擁護することだった。これは理念的に、精神的に自由貿易主義を堅持しようとするものだ。別の観点として、日中韓は世界経済番付で相当上位に並ぶ国々であり、これはつまり経済規模が非常に大きいということを意味する。また、この3カ国はそれぞれに外向型発展型経済の国であり、3カ国間の協力、協力の中身の拡大、3カ国の対外協力の中身、特に貿易投資協力の拡大は、貿易の一国主義にとって実際的な抵抗になるものであり、多国間自由貿易の成分を拡大することにつながるといえる。ここには精神的、理念的側面があり、また実務的、本質的側面もある。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月9日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。