国家スパコン深センセンター、計算能力が2020年までに1000倍に向上―中国

国家スパコン深センセンター、計算能力が2020年までに1000倍に向上―中国
中国国家スパコン深センセンタープロジェクト管理部長の王氏は7日、記者のインタビューに応じた際、「2020年にE級スパコンが同センターに設置される。その際、同センターの計算能力は1000倍向上することになる」と明かした。写真は神威。(Record China)
中国国家スパコン深センセンター(深センクラウドコンピューティングセンター、以下「同センター」)プロジェクト管理部長の王氏は7日、記者のインタビューに応じた際、「2020年にE級スパコンが同センターに設置される。その際、同センターの計算能力は1000倍向上することになる」と明かした。科技日報が伝えた。

情報によると、同センターは業界のリーダーとしての地位と専門的な技術により、科学計算、図形・画像分野の事業を重点的に発展させており、生物、医薬、海洋、石油などの分野の事業育成に力を入れている。また、工学計算、ビッグデータ分析、人工知能(AI)などの業務を積極的に開拓している。同センターはスパコン資源をクラウドコンピューティングサービスに応用し、「政務クラウド」や「公安局居住証」などの複数のサービスを開発し、スパコン資源とクラウドコンピューティングを結びつけた。これにより、コンピューター資源は高性能計算の需要を満たし、力強いクラウドコンピューティングサービス能力を提供できるようになった。同センターは現在、民間に高性能計算、クラウドコンピューティング、IDCなどの多元的業務サービスを提供できる、世界唯一のスパコンセンターになった。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月9日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。