韓国人は9年飲まず食わずじゃないと家を買えない?中国では「もっと悲惨」の声

韓国人は9年飲まず食わずじゃないと家を買えない?中国では「もっと悲惨」の声
住宅価格の高騰が続いている韓国・ソウル市では9年も節約を続けなければ家は買えないという調査結果が出た。写真は韓国のアパート。(Record China)
2018年5月9日、海外網によると、韓国で住宅価格の高騰が続いている。9年も爪に火をともすような節約を続けなければソウル市内にマイホームを購入できないことが、ある調査報告書から明らかになった。

韓国・聯合ニュースによると、調査報告書は韓国国土交通部とソウル市が発表したもの。9年というのはあくまで平均的な数字で、ソウル市南部の副都心・瑞草(ソチョ)区は21年、同南東部の高級住宅地区・江南(カンナム)区では18年はかかるという。

韓国のネット上では、「考えられないほどの重圧」「胸に突き刺さる話題だ」「いや、大企業の給料でも9年じゃ買えない」などの声が上がっている。

中国ネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「これはある意味自慢だな」
「中国はもっと厳しい」
「たった9年じゃないか…」
「9年でマイホームね…なんて幸せなんだろう」

「われわれなら9年かけてやっと頭金が払える程度」
「生きるだけでも精いっぱいなのに、頭金など払えないだろう?」
「ソウルでは家賃が給料の12.7%を占めるそうだが、うちは22%もしてる」
「飢え死にしたって頭金すら払えないよ…」

「深センなら50年飲まず食わずでも家なんか買えない」
北京だったら250年くらいは長生きしないと」
「どう考えてもマイホームなんて夢のまた夢」
「一生飲まず食わずでも北京じゃトイレすら買えないのが現実だよ」(翻訳・編集/岡田)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月10日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。