中国外交部、日本の「一帯一路」参加にオープンな姿勢―中国メディア

中国外交部、日本の「一帯一路」参加にオープンな姿勢―中国メディア
中国外交部報道官は「日本側の『一帯一路』建設参加に対して中国側は一貫してオープンな姿勢を保っている。日本側が相応しいスタイルで参加することは、日中の経済協力に新たな可能性を切り拓き、新たな成長の推進力になるだろう」と表明した。資料写真。(Record China)
日本は最近、「一帯一路」(the Belt and Road)建設についてたびたび前向きな姿勢を表明している。これについて中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は9日の定例記者会見で、「日本側の『一帯一路』建設参加に対して中国側は一貫してオープンな姿勢を保っている。『一帯一路』共同建設に日本側が相応しいスタイルで参加することは、日中の経済協力に新たな可能性を切り拓き、新たな成長の推進力になるだろう」と表明した。

【記者】日本メディアは、日中両国が「一帯一路」官民協議会を設立し、第三国での経済産業共同事業を推進する方針だと報じたが、これは事実か。またそれに対するコメントは。

【耿報道官】「一帯一路」はオープンで包摂的なイニシアティブであり、共に協議し、共に建設し、共に享受する原則を堅持しており、志を同じくする国はいずれも参加できる。日本側の「一帯一路」建設参加に対して中国側は一貫してオープンな姿勢を保っている。昨年、日本側もハイレベル代表団を「一帯一路」国際協力サミットフォーラムに派遣している。

最近、日本の指導者は「一帯一路」建設について前向きな姿勢を繰り返し表明しており、「一帯一路」建設への前向きな参加意向を表明する日本企業も少なくない。「一帯一路」共同建設に日本側が相応しいスタイルで参加することは、日中の経済協力に新たな可能性を切り拓き、新たな成長の推進力になるだろうと中国側は考えている。第三国市場での日中企業による協力は、両国の経済・

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月11日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。