キーボードに潜む細菌は便器の400倍!週に最低1回の掃除がベスト―中国メディア

キーボードに潜む細菌は便器の400倍!週に最低1回の掃除がベスト―中国メディア
人々がPCを使用する頻度が高まるにつれて、キーボードのキーとキーの間に溜まる汚れも多くなり、キーボードに潜む細菌の数は、便器の細菌よりも多くなってきている。(Record China)
人々がPCを使用する頻度が高まるにつれて、キーボードのキーとキーの間に溜まる汚れも多くなり、キーボードに潜む細菌の数は、便器の細菌よりも多くなってきている。オーストラリア・スウィンバーン工科大学の研究チームはこのほど、オフィスのデスクにあるキーボードの細菌の数は便器の400倍に上るという事実を突き止めた。米シカゴの病院は、薬に耐性があるブドウ球菌はキーボードに24時間留まることができることを発見した。また、オランダの病院がキーボード100台に対する化学検査を実施したところ、うち95台からレンサ球菌、ブドウ球菌、その他病原体が検出された。キーボードは今や、集中治療室の中でも最も不潔な「モノ」となっている。生命時報が伝えた。

オーストラリアの科学技術情報サイト「サイレント・アラート」はこのほど、キーボードを清潔に保つための注意事項を取りまとめた。

多くの微生物研究者はいずれも毎週最低1回は、デスクとキーボードの掃除を行うべきだとしている。米国立衛生研究所(NIH)の専門家は、「共有コンピュータを使う前には、手をきれいに洗うこと。特に、インフルエンザの流行シーズンには手洗いを励行すべきだ。もし、キーボードが自分専用のものであれば、そこに潜む細菌は全て、自分の手の指に付着していたものとなる。健康に悪影響を及ぼす恐れはないかもしれないが、それでも頻繁に手を洗い、キーボードは清潔に保っておくべきだ」と注意を促している。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月17日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。